SPECIAL

キャラクタービジネスのアツさを知る

東映アニメーションは自ら生み出した多くの作品を基に、最初のTV放送・劇場公開といった一次利用の後も、配信・キャラクターグッズ・ゲーム・ミュージカルなどの二次利用を、国内外問わず世界中で展開しています。

アニメーションビジネスの基本は、
ワンソース・マルチユース

様々な形でより多くのお客様に喜んでいただくために、どのように作品を広げていくのか、その広がりに限界はありません。自分たちのアイデア一つで、作品の魅力は想像を超え、国境を超え、時代を超えていきます。二次利用展開は単に収益を上げるだけでなく、作品の人気を高め、更なる成長につなげるための重要な役割を担っているのです。 企画・製作から二次利用展開まで一気通貫したビジネス展開を行っていることが、当社、そして作品にとって、大きな強みであり大きな特徴です。

当社のコンテンツビジネスとは

当社の営業部門は、大きく分類すると、映像製作・販売事業、版権事業、商品販売・イベント事業に分けられます。映像製作・販売事業ではTV放送・劇場公開・DVD化・映像配信などを行います。版権事業では、作品やキャラクターを使用する権利を各種メーカーに許諾し、玩具・アパレル・文房具などのキャラクターグッズやアプリゲームなどの展開やキャンペーンなどを行います。商品販売・イベント事業では、オリジナル商品の企画開発やショップ展開、キャラクターショーなどのイベントの企画運営を行っています。

映像製作・販売事業

版権事業

商品販売・イベント事業

商品がお客様に届くまで

商品をお客様の元に届けるため、各部署が協力・連携して、仕事をしています。 下図は、キャラクターグッズがお客様の手元に届くまでの一例です。

会社を支える
心強いバックオフィス

当社には7つの管理部門があります。製作・企画・営業に目が行きがちですが、会社とそこで働く人々を支える管理部門がしっかりしていてこそ、各部門が適切に機能します。管理=受身・ルーティーンワークではなく、どうしたらより会社が良くなるか、働く人々がより働きやすく、成果をあげることができるかを考え、提案し、行動していかなければなりません。 当社の管理部門は、常にアツくチャレンジしています。

ドラゴンボール超:©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©BANDAI
魔女見習いをさがして:©東映・東映アニメーション
おジャ魔女どれみ:©東映アニメーション
ONE PIECE:©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
聖闘士星矢:Knights of the Zodiac:©Masami Kurumada/Toei Animation
スター☆トゥインクルプリキュア:© ABC-A・東映アニメーション
ゲゲゲの鬼太郎:©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
『プリキュアプリティストア』:©ABC-A・東映アニメーション
『東京ワンピースタワー』:©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ・Amusequest Tokyo Tower LLP
『プリキュアドリームステージ』:©ABC-A・東映アニメーション
『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎』:©水木プロ・東映アニメーション